隈 研吾

建築家

1954年横浜生まれ。1979年東京大学建築学科大学院修了。
コロンビア大学客員研究員を経て、2001年より慶應義塾大学教授。2009年より東京大学教授。
1997年「森舞台/登米町伝統芸能伝承館」で日本建築学会賞受賞、同年「水/ガラス」でアメリカ建築家協会ベネディクタス賞受賞。
2002年「那珂川町馬頭広重美術館」をはじめとする木の建築でフィンランドよりスピリット・オブ・ネイチャー国際木の建築賞受賞。
近作にサントリー美術館、根津美術館。著書に「自然な建築」(岩波新書)
「負ける建築」(岩波書店)「新・都市論TOKYO」(集英社新書)

大村 真有美

デザイナー

デンマークを拠点に環境に優しいデザインと教育活動をユニークな経歴を生かして発信している。外交官の家庭で育ち、マルチリンガル。
10代で坂東玉三郎の門下生として総合芸術を学び、20代で女優から転身。母国デンマークでテキスタイル、彫金を専攻し、現在は着物や再利用可能な日本の工芸品でデザインしたインテリアなどを海外向けに紹介している。人間国宝長唄三味線、杵屋勝国の姪で、伝来的な日本流エコや子供と高齢者とつながる企画で気持ちのいい社会作りに取り組んでいる。