ABOUT
ENGAGEMENT RING

エンゲージメントリングについて

1. エンゲージメントリング(婚約指輪)の歴史

エンゲージメントリング(婚約指輪)の起源は、
約二千年前ローマ時代から始まったと言われています。
ブライダルリングを着ける左手の薬指は別名を「ブライダルフィンガー」と呼ばれ左手の薬指を通る血管がまっすぐに心臓につながっていると考えられていたことから、人の心に直接つながっているエンゲージメントリング(婚約指輪)をするのに最もふさわしい大切な指とされてきました。
エンゲージメントリング(婚約指輪)を通して気持ちを伝えるという慣わしは二千年もの歴史を通して受け継がれています。

2. 女性にとっての
エンゲージメントリング(婚約指輪)

女性にとってのエンゲージメントリング(婚約指輪)

女性にとってエンゲージメントリングとは、最上の幸せを象徴するリングです。
どんな指輪を贈ったら喜ばれるのでしょうか。
彼女がリングを身につけている姿をイメージしながらお選びください。
特別なときにリングを着けて欲しいと思われる場合は華やかなデザインを、日常的に着けて欲しいと思われる場合はシンプルなデザインをおすすめいたします。
また、エンゲージメントリング(婚約指輪)とマリッジリング(結婚指輪)を重ねてお楽しみいただけるデザインも豊富にご用意しております。最近は男性と女性、お二人でエンゲージメントリングのデザインをご一緒に選びたいという方も増えており、サプライズプロポーズに最適な「プロポーズリング」もご用意いたしております。

3. エンゲージメントリング(婚約指輪)のデザインと種類

エンゲージメントリング(婚約指輪)には、基本デザイン・地金と呼ばれる指輪の
素材・ダイヤモンドのグレードという3つのポイントがあります。

デザイン

  • ストレート

    リングのアームが真っ直ぐなシンプル&ベーシックなデザイン。

    ストレートのエンゲージメントリング(婚約指輪)
  • ウェーブ

    ゆるやかなウェーブがS字のように見える流線型のデザイン。

    ウェーブのエンゲージメントリング(婚約指輪)
  • V字

    指を長く美しく見せてくれる、手の甲へ向かってV字型をしたデザイン。

    V字のエンゲージメントリング(婚約指輪)
  • クロス

    ストレートとウェーブの魅力を併せ持つ2本のラインがクロスしたデザイン。

    クロスのエンゲージメントリング(婚約指輪)

地金の素材

プラチナ

プラチナは純度によって分類されます。ヴァンドーム青山ではプラチナの純度が95%のPt950を主に使用しています。プラチナ本来の色であるその白い色は純粋無垢な気持ちを象徴します。地球上のごく限られた地域でしか産出されず、産出量の少ないプラチナはたいへん希少な素材で、ブライダルリングにもっともふさわしいと言われています。
ヴァンドーム青山では通常の純度95%のPt950より硬度が高く変形しにくいハードプラチナ素材により耐久性を高めています。
また、純度を99.7%にまで高めたリュクスプラチナ997もございます。
※エンゲージメントネックレスのチェーン部分にはプラチナ850を使用しています

ゴールド

ジュエリーに適するゴールド(K18)とは、純度75%のゴールドを表します。混合する金属として銀や銅などを使用し、硬さと耐久性を高め、色相に変化をつけています。ヴァンドーム青山では、イエローゴールド・ピンクゴールド・ホワイトゴールドを使用しています。

ゴールドのリング

ダイヤモンド

ダイヤモンドには、「4C」と呼ばれるグレード評価があります。ダイヤモンドのグレードと、リングデザインやリングを贈る方の雰囲気、指とのバランスを考慮して、ご希望のリングをお選びください。

4つの“C”とは、ダイヤモンドの価値を決める評価基準であるCarat(カラット)、Color(カラー)、Clarity(クラリティ)、Cut(カット)の頭文字をとったものです。ヴァンドーム青山のエンゲージメントリングには、厳格な評価で信頼性の高い指定鑑定機関による鑑定書(グレーディングレポート)を発行しております。
ヴァンドーム青山のダイヤモンドについて

リングの印象を大きく左右するダイヤモンドのデザイン。婚約指輪の場合は、一粒ダイヤモンドのデザインのほかに、センターダイヤモンドの脇に脇石を飾ったものや、小粒のダイヤモンドを敷き詰めた、さらに華やかな多石タイプなどがあります。

一石
ダイアモンド 一石のエンゲージメントリング(婚約指輪)
脇石
ダイアモンド 脇石のエンゲージメントリング(婚約指輪)
多石
ダイアモンド 多石のエンゲージメントリング(婚約指輪)

※ファンシーカットダイヤモンドのエンゲージメントリングは店頭の商品のご購入のみとなります。詳しくはショップにてお尋ねください。

4. 指に合わせたリングの選び方

よりご満足いただける指輪を見つけるためのご参考として、指の形とのバランスを考えたリングの選び方をご紹介します。またリングを試着される際には、手元を上からだけではなく、鏡を使ってさまざまな角度から客観的に見ていただくことをおすすめします。手の表情がリングによって豊かに見えてきます。

  • 指が長い方に似合うのエンゲージメントリング(婚約指輪)

    指が長い

    ほとんどのデザインのリングがお似合いになります。

  • 手が大きい方に似合うのエンゲージメントリング(婚約指輪)

    手が大きい

    手を華奢に見せてくれる、ニュアンスのある流線形(ウェーブ)がおすすめです。

  • ふしが大きい方に似合うのエンゲージメントリング(婚約指輪)

    ふしが大きい

    着けたときに安定感を与えてくれる、脇石が華やかなデザインがおすすめです。

  • 指が長い方に似合うのエンゲージメントリング(婚約指輪)

    指が短い

    指を長くしなやかに見せる細めのウェーブやV字がおすすめです。

  • 手が小さい方に似合うのエンゲージメントリング(婚約指輪)

    手が小さい

    細身の繊細なデザインのリングがお似合いになります。

  • 指が細い方に似合うのエンゲージメントリング(婚約指輪)

    指が細い

    細身のアームで華やかな印象のリングがおすすめです。

5. エンゲージメントリング(婚約指輪)についてよくいただくご質問

Q1.エンゲージメントリング(婚約指輪)の準備をはじめる時期は?
エンゲージメントリング(婚約指輪)は、プロポーズや結納をお考えの場合、その2〜3ヶ月前からご準備を始められることをおすすめします。リングは、お申し込みいただいてから約35日でお渡しいたします。
Q2.人気のエンゲージメントリング(婚約指輪)のデザインは?

最も人気のエンゲージメントリング(婚約指輪)は、一粒ダイヤモンドのシンプルなソリテールタイプのデザインや、サイドストーンをあしらったフェミニンなデザインです。また、アームにダイヤモンドが連なった華やかなデザインも人気です。

おすすめのエンゲージメントリング(婚約指輪)

  • 婚約指輪の代表デザイン一粒ダイヤのソリテール

    婚約指輪の代表デザイン
    一粒ダイヤのソリテール

  • 女性らしく優しい印象サイドストーンタイプ

    女性らしく優しい印象
    サイドストーンタイプ

  • 特別感溢れる華やかなデザイン

    特別感溢れる
    華やかなデザイン

Q3.エンゲージメントリングの値段は、どのくらいが一般的なのでしょうか?
「婚約指輪は給料の3ヶ月分」とよく言われますが、最近は30万円前後の商品が主流となっております。ご希望のリングが見つかる豊富なラインナップをご用意しております。ぜひ一度ショップへお越しください。
Q4.世界でたった一つの指輪にしたい
リングの内側にお二人のイニシャルや記念日など、ご希望の文字をお入れいたします。また、アニバーサリーストーン(誕生石)をセッティングするサービスもご用意しております(別料金)。
Q5.彼女の左手薬指のリングサイズがわかりません

正確なサイズを調べるためにはサイズゲージでの測定が必要となります。全国のヴァンドーム青山ブライダル取り扱い店舗にて簡単にお調べすることができますのでお気軽にお二人でお立ち寄りください。
また、「彼女に内緒でリングを選びたい」など、どうしてもサイズゲージで測ることができない場合は伸縮性のないひもや糸を使い、指のサイズを調べることができます。下記の表を目安としてお使いください。

リングサイズ表

※エンゲージメントリングのデザインにより、お作りできるリングサイズが異なります。詳しくはショップスタッフへおたずねください。

サプライズプロポーズに最適な「プロポーズリング」もご用意いたしております。サイズ調整可能なプロポーズリングをお選びいただくと、プロポーズの後、お二人ご一緒にエンゲージメントリングのデザインを選びにご来店いただく楽しみも増え幸せが2倍にふくらみます。Vendome Aoyamaからの新しいプロポーズスタイルのご提案です。